生きる意味を探して

今この時は、もう戻ってこない 明日の自分を今より幸せに生き抜くためのブログ
生きる意味を探して TOP  >  スポンサー広告 >  頑張れ自分 >  私は社会不安障害(SAD)という心の病気でした。でも、病気に打ち勝ちました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

私は社会不安障害(SAD)という心の病気でした。でも、病気に打ち勝ちました。


社会不安障害(SAD)とは心の病気です。
アンケートの調査では10人に2人の方が社会不安障害(SAD)の悩みを抱えているそうです。

会議などでの発言、嫌いな上司との会話などに異常なほど緊張して、まともに喋れない状態になりました。
毎日がつらく会社に通うのも嫌になりましたが、色々な方法を実践したことにより社会不安障害に打ち勝つことができました。

以下の症状がある人は社会不安障害の疑いがあります。

・他人の視線に不安を感じる。
・人前でスピーチをするのが苦手。
・人前で字を書きたくない。
・電話での対応が苦手。
・嫌なことがあるとアルコールなどに逃避する。
・緊張すると異常なほど発汗する。
・人前での食事が苦手。食べているところを見られたくない。
・会社の上司にまともな受け答えができない。
・初対面の人と、まともにしゃべれない。
・特定の場所でいつも緊張する。(会社の事務所、電車の中など)

社会不安障害という病気の存在さえ知らない方が多いようです。
社会不安障害の疑いがある方は、自分の病気と向き合い、以下の方法を試して社会不安障害を克服してください。

私が社会不安障害(SAD)に克服した方法です。
1・GABAという成分がはいってるサプリメントを飲む。
2・毎日、ウォーキング、ジョギングなど軽い運動をする。
3・アルコール、たばこは控える。特にアルコールの飲みすぎに注意。
4・アサーション、ストレスマネジメントなどストレスに関係する書籍を読む。ストレスを理解することにより日々の生活で感じるストレスを軽減できる。(かなり重要)ぜひ、アマゾンなどで検索して書籍を買ってください。
5・日光を浴びる。
6・早寝早起き。睡眠時間はしっかりとる。でも、絶対にアルコールで無理に寝ようとしない!考え方を変えるのも重要、寝れないときは無理に寝ようとしない。勉強、お笑いのDVD、エッチなサイトを見て眠くなるまで過ごす。寝なくても死なない。
7・深呼吸をマスターする。呼吸法は簡単なようで奥が深いです。
8・自律訓練法をする。(Googleで検索、わからないことはネットで検索する癖をつける。)
9・不安緊張に押し潰されそうになった時に深呼吸をしながら自分なりの魔法の言葉を唱える。私の場合は、ケセラセラ なるようになる、あるがままに、他の人の失敗なんて私が気にしないように、周りの人も私の失敗なんて気にしてない!、周りの人は私に借金を返しに来た債務者だと思い込むなどです。
10・Give and Takeの心を持つ。人と接するときはGive and Take。

毎日、少しずつ焦らずゆっくり自分のペースで、明日の自分が少しでも幸せになるように頑張りましょう。

社会不安障害は心の病気ですが、うつとは違い病気に対して立ち向かうという気力を失っていない方が多いと思います。
ですが、うつなどが併発して病気に立ち向かう気力すらないという方は、無理をせず心療内科に頼られることをお勧めします。

[ 2012/05/23 17:21 ] 頑張れ自分 | TB(0) | CM(1)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/05/09 02:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。